あたい以外の所帯皆がかなりインフルエンザに。

『カラダ』は大切だと気づかさせてくれた事件があります。それはこちら以外の肉親が皆インフルエンザにかかってしまった事です。(今考えると凄い)

彼が真夜中エナジーにうなされてたので、我々『ひょっとしたらインフルエンザじゃない?』と不安でした。あす病舎によってやっぱり『インフルエンザ』という医療。

それからは彼だけ隔離だ。徹底的に滅菌や排気をしました。おんなじ屋根の下で生活をしていたらお子様にも感染しました。彼が感染してしばらくして、お子様の面構えが真っ赤なので体温を計ったらエナジーか!
その瞬間に『あ、移ったな。。』といったプライドしました。

病舎受診して診査。『インフルエンザですね。』その瞬間に彼もインフルエンザなのに、どうして看病していこうという悩みました。

そこで取った計画は彼は家屋、お子様は疾患児保育に預け入れるでした。一緒にいてもこちらは専業でゼロになるのでお子様は疾患児保育に預けたほうが安穏と判断したからです。

カップルが安静にしている間に専業、専業休日には買出しって『こちらまでインフルエンザに世帯抹殺してしまう!必須乗りきらなければならない!』といった決断と言うか、非常時誘いかけるものがありました。

看病の結果、お子様の方が少なく全快力量しました。
お子様の体調の変化は物凄いですね。悪化する足どりも早ければ、回復する足どりも速いのです。

しばらくして彼も快方へ向かいカップル共々完治しました。怒涛の如く過ぎ去った年月でした。ほっと人心地しました。
せわしない日々だけれど、家族で一緒に食べ物を食べたり、お出掛けやショッピングなど、健康でいるから取れる仕事場ですなあ。

実態が優れないと、何をするのも億劫になり想いも沈みがちになります。カラダがどんなにヒントか分かった事件でした。http://www.tsumugi-ricochet.com/